sisi key ring / blue

min.good

定位置に”くっつけて”管理。
鍵などに取り付けるキーホルダー。
ポケットやバッグの中でも見失わないようなバー型のキーホルダーです。
マグネットが中に仕込んでいます。冷蔵庫や鏡などマグネットがくっつく場所を定位置にすることで、
見失いがちな鍵を管理することができます。

その時々の自然の革を魅せる、イッテンモノの作品となります。
今回はイノシシ革を使用。
暮らしの道具として、革の魅力をお楽しみいただけたら幸いです。

革は、私たちが暮らす小豆島を中心に、害獣駆除されたイノシシやシカなどの野生動物の革を用いています。野生動物のため生前にできた傷などがありますが、それも一つの絵となり、愛着が湧きます。時が経つにつれて、変わりゆく、革のキャンバスの変化をお楽しみください。
[磁石の耐荷重]
耐荷重は、300gとなります。鍵の他に金属製のアクセサリーなどをおつけになる場合は、磁石のくっつくチカラで支えきれず落下してしまうことがございますので、ご注意ください。

サイズ: 1.8cm × 9 cm 厚み 1cm ~ 1.5cm

¥4,500 税別

在庫あり

商品コード: mgskbl 商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

小豆島で不要とされた野生動物の革からつくる
「min.good」のプロダクト


害獣として駆除されるイノシシやシカなどの野生動物の皮を生かしたものづくりをしている「min.good」
小豆島で年間に捕獲される野生動物の頭数はおよそ4,000頭。
捕獲された野生動物の約1割は食肉として自家消費、その他の皮などは廃棄され、残りの約9割は肉も消費されず、そのまま土に埋葬される現状です。日本全国どこでも同じような現状です。

min.goodとは


minimal good(最小限の良さ)を省略した造語で、発音すると、民具と近い発音になり、暮らしに根ざした民具になりますように、という思いを込めています。
この取り組みを通じて、自然と人間の生活をつなげ、より豊かな暮らしを追求していくことをミッションとしています。
革には、生前にできた傷が入っていることがあり、その傷も楽しんでいただけるような製品に仕上げています。自然の革ならではの特徴としてお楽しみください。

暮らしの身近に野生動物の革を。

小豆島で捕獲されたイノシシ、シカなどの野生動物。
自然から生まれたプロダクトを生活に取り入れていただく。
みなさまの暮らしにとけ込み、ときどき小豆島や自然のことをふと思い出す日々。

「イノシシやシカの革が好き」「自然のことを考えるきっかけになった」 「小豆島に行きたくなった」「長く使うことを意識するようになった」 など。
そう思っていただけるよう、日々ものづくりをしています。

注意事項

  • ジビエ革は一頭ずつ異なる環境で育っていることもあり、革の質感もそれぞれ異なってきます。そのため、製品の出来上がりも写真とは全く同一のものでない可能性がありますので、ご理解の上、ご購入ください。

※ SNSにて、いち早く情報発信いたします。